祐樹式の東大生愛用・暗記テクニック

祐樹式の暗記力養成講座は東大生も愛用

祐樹式の暗記力養成講座は英単語や英文を何度も忘れずにガッチリ記憶に残すことを狙っています。

数学のように公式を覚えて公式への当てはめる教科は、暗記量が少なくある程度点数はとることができますが、英語はそうはいきません。この教材で暗記力の重要性を認識し、さらに必要なことだけを暗記することが重要になります。

祐樹式の暗記テクニックを使うと記憶力の弱さを簡単に補強でき、記憶力が弱い人にこそ効果的という今までにない教材になっています。

記憶の最適化


暗記テクニックを身につけると、覚える価値のあることだけを長期的に覚えておき、いつでも瞬時に思い起こすことが可能になります。
そんな都合のいいことができるのか、すごく怪しい感じですよね。
もちろん人間である以上、忘れることは避けられません。
ただし祐樹式の暗記テクニックによって「重要な情報を頭に残して、重要でない情報から忘れさせる」ことが可能になり、記憶を「最適化する」ということできるようになるんです。

なんだか不思議な感じですが、漫画の「ドラゴン桜」でも普通の勉強とは違った勉強法で東大合格までこぎつけていましたね。
それを近からず遠からずですが、祐樹式もまた違ったアプローチで暗記力を鍛えていきます。

祐樹式の暗記力養成講座の中身を少し紹介するとこのような感じになっています。



■ 暗記で英語学習を実行すればトクする2大ポイント

■ 東大生たちの勉強方法と暗記テクニック

■ 天才が解けない難試験で凡才が圧勝した逆襲の方法

■ 凡人でも東京大学に3ヶ月で合格した学習戦略

■ 東大生が持っている非常識な8つの学習プランとは

■ 段階的記憶法で2ヶ月スパンで毎日すること

■ 段階式暗記法ワークシート


作者について


この祐樹式暗記力養成講座を開発した祐樹さんは、17歳でアメリカの高校に編入しました。まだ若いので英会話なんてすぐにできそうな感じもしますが、4年も「聞けず・話せず」だったそうです。現地の日本人向け英語教室にも通い、音声CDもすり切れるほど聞き、書店で売っている教材や参考書を隅々までやったにもかかわらずです。
そして英語教育に疑問を感じはじめた祐樹さんはある実験を行ない、試行錯誤を繰り返すことにしました。
そこから次から次へと英語が理解できるようになり、学校での授業も格段に理解でき、友人も大勢できてしまったのです。
今回はその方法を伝授してくれるわけです。

どうしても英語が苦手で拒否反応が起きる位の人でも目からウロコの内容になっています。
祐樹式は英語に対する意識をガラッと変えてくれることでしょう。


受験勉強と体力

受験勉強を乗り切るためには、体力をつけることが必須です。

受験勉強は定期テストと違い、長期間コツコツと勉強し続けることが必要です。
すぐに結果が出るものではなく、ときには躓いたりモチベーションが上がらないこともありますが、志望校に合格するためにやる気を奮い立たせて頑張りたいものです。受験勉強を続けていくには、気力と同じように体力も重要です。
参考書を片手に問題を解いたりしている途中でお腹が空くこともあるかも知れません。
机に向かっているだけのイメージかも知れませんが、実は体力を使っているのです。
体力をつけるためには規則正しい生活が欠かせません。
できれば朝型の生活を心がけ、本番の試験開始時間に合わせて早いうちから体のリズムを整えておくのが良いでしょう。
栄養のある食事を摂ることも大切です。
また勉強に集中するために、趣味や好きな事を断つことも一つの方法ですが、ストレスが蓄積して勉強に支障をきたしてしまえば本末転倒です。ときには好きな番組を観たり、友達とおしゃべりしたり散歩に出かけるなど、適度な気分転換も大切です。
みなさんも受験を乗り切るために時には息抜きをし、そして体力をつけて体のリズムを整えるなどをして頑張っていきましょう。
2020年度新入試対策塾

 

サイトマップ